陰陽五行とは全ての事物や現象は「陰」と「陽」との二気から生じ、また「陰」と「陽」との相対的な関係をもって存在している

としています。さらに自然界は、木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)、の5つの要素で成り立っているという説です。