存在の根源が無だと分かるとき

自分だと思っていたすべてが

実体の作りだす一時的な現象だと気づき

執着を捨てるようになる。

執着の消えたところから

自由が湧き上がり、真の創造が始まる。

一指 李承憲 筆絵瞑想より