腸は「第二の脳」と呼ばれており、脳に次ぐニューロンを持ち、脳と直接的な繋がりがあります。

やる気や記憶力を司るドーパミンの50%、幸福感や感情のバランスに寄与するセロトニンは95%

が腸から分泌されます。腸と脳は迷走神経という2000個の神経線維で密接に繋がっています。

腸に問題が生じると脳に影響を及ぼし脳に問題が起こると直ちに腸に問題が生じます。脳と腸の相関関係です。

腸は感情に影響を与え、ADHD、自閉症、アルツハイマーにも影響を与えます。

腸内環境を良くすることが、脳の状態をよくすることです。