伊勢白山道さんのブログから腸と脳の関係、腸がいかに大切かがありましたので載せてさせていただきます。

私は腸内の善玉菌のバランス「腸内フローラ」が、発病と寿命に大きな影響を「決める」と感じるのは確かです。
そうすると、最初に述べた「口をゆすいで吐いてから何かを飲む習慣」も、腸内フローラに大きな影響を与えると思う訳です。

最近のニュースでは、腸内フローラの善玉菌が、脳内からも発見されて話題に成っているようです。
腸内細菌が「間接的に」脳に働きかけている可能性は示唆されて来ましたが、腸内の細菌が「直接的に」脳に作用している可能性もある訳です。
脳内フローラが崩れて悪玉菌が優勢になりますと、怖い脳炎などに成りやすくなるのではないでしょうか。

つまり、腸内も脳内も心臓?も、そのすべては善玉菌が占める比重バランス(善玉菌フローラ)で、
病気の発症、寿命、元気さ、美容まで決めている可能性。

・ 肉体とは、いかにして善玉菌を維持・育てる・増殖させるかのゲームである可能性。
・ 人生も、運命も、体内の善玉菌が握っている可能性。
・ 人間の飼い主は、善玉菌という生命体だった可能性。
・ 最悪でも、善玉菌51%。悪玉菌49%、を崩して超えては生けないゲームの可能性。
・ 悪玉菌が51%を超えだすと、ガンが生まれ出す可能性。
私は腸内の善玉菌のバランス「腸内フローラ」が、発病と寿命に大きな影響を「決める」と感じるのは確かです。
そうすると、最初に述べた「口をゆすいで吐いてから何かを飲む習慣」も、腸内フローラに大きな影響を与えると思う訳です。

最近のニュースでは、腸内フローラの善玉菌が、脳内からも発見されて話題に成っているようです。
腸内細菌が「間接的に」脳に働きかけている可能性は示唆されて来ましたが、腸内の細菌が「直接的に」脳に作用している可能性もある訳です。
脳内フローラが崩れて悪玉菌が優勢になりますと、怖い脳炎などに成りやすくなるのではないでしょうか。

つまり、腸内も脳内も心臓?も、そのすべては善玉菌が占める比重バランス(善玉菌フローラ)で、
病気の発症、寿命、元気さ、美容まで決めている可能性。

・ 肉体とは、いかにして善玉菌を維持・育てる・増殖させるかのゲームである可能性。
・ 人生も、運命も、体内の善玉菌が握っている可能性。
・ 人間の飼い主は、善玉菌という生命体だった可能性。
・ 最悪でも、善玉菌51%。悪玉菌49%、を崩して超えては生けないゲームの可能性。
・ 悪玉菌が51%を超えだすと、ガンが生まれ出す可能性。