私という存在は、感情に振り回され、外からの情報に振り回され、人に振り回されている存在ではなく

自分が持つすべての考え、感情、情報、記憶、身体を使うことができる操縦士であることを知ることです。

自分自身こそが脳の主人公です。