media”></iframe>http://

感情は、空に漂う雲のように行ったり来たりします。それでも、多くの人が感情を握りしめて苦しみます。本人が悲しみに深く足を突っ込んだまま悲しいと言い、絶望の沼でもがきながら希望がないと言います。だから感情という雲がさらに長く居座るしかないのです。

 

セドナメッセージ大好きな本です。