画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然

どんなときに幸せだと感じるか?」という質問に多くの人は、誰かを愛し愛されるときと答えます。

「どんなときに不幸だと感じるか?」という質問には、愛することも愛されることもないときだと答えます。

愛と言っても、すべてが同じレベルの愛ではありません。

愛を二つにわけると、一つは所有と支配の感情からくる愛であり、もう一つは純粋で条件のない魂の愛です。

純粋な魂で愛する人は幸せの中心が自分自身にあります。

愛の中心に自分がいて、胸にある純粋な愛をわけあたえることによって本当の幸せを感じます。

人から愛されようと苦心するのではなく、愛を与えることに集中します。